広島大学千原研究室

  • Japanese
  • English

Contents

研究内容

当研究室の研究は大きく3つに分けられます。1つ目はショウジョウバエを用いた「神経発生、成熟、老化の分子機構」に関する研究(千原担当)、2つ目に線虫を用いた「行動の多様性を制御する神経回路とその形成機構」に関する研究(奥村担当)、そして最後に哺乳類動物細胞を用いた「細胞分裂の分子機構」に関する研究(濵生担当)です。研究手法としてはショウジョウバエおよび線虫の分子遺伝学、神経生理学、細胞生物学、生化学、ゲノム編集技術を用いており、最近はバイオインフォマティクス、動物行動学を用いた解析も開始しています。これらの研究を1つの研究室で密接に連携しながら行うことにより世界トップレベルの研究水準を保ちつつ学問的視野の広い学生の育成に取り組んでいきます。

研究内容

神経回路の形成、成熟、老化を司る分子機構の解明(ショウジョウバエ)

  1. 神経回路の作り方:どうやって複雑な神経回路ができるのか?
  2. 老化と神経回路:なぜ年をとると痴呆症などを発症するのか?
  3. 神経回路の環境適応:環境に応じて神経回路が変化する仕組みは?

行動の多様性を制御する神経回路とその形成機構の解明(線虫)

  1. 線虫を食べる線虫Pristionchus pacificus!
  2. 同じ遺伝子型であっても異なる摂食行動を示すのはなぜ?
  3. 線虫の摂食行動はどのように進化してきたのか?

動物細胞の細胞分裂機構の解明(哺乳類培養細胞)

  1. 収縮環収縮におけるミオシンⅡ調節軽鎖の機能解析
  2. 細胞分裂時の微小管とダイナミンの相互作用の制御機構の解明

研究セミナー

PAGE TOP